ごあいさつ

私ども飯田グループは大正12年の創業以来、約90年にわたり、酒類食品を中心に多様な事業を展開してまいりました。密接に関連する独立採算の会社が、互いに協力しあうグループ経営により、さまざまなアイデアとシナジー効果が生まれ、関西地域に密着した特徴ある企業グループに成長したとの評価をいただいております。これは、ひとえにお得意先様をはじめとする多くの方々のご支援のおかげと、深く感謝しております。

  規制緩和に伴い激変する酒類業界において、飯田グループはこれまで、変革を前向きに捉え、最新の技術を導入すると同時に、小さな創意工夫を積み重ねることで、バランスの取れた運営に努めてまいりました。今後も、「酒を通じて、より豊かな生活を演出」すべく、歴史と伝統のありがたみに感謝をしながら徹底的に構造革新に取り組み、関西地域に密着した企業として更なる発展をめざしたいと考えております。

 そして、経営理念である「三方よしの経営」の実現を目指し、知恵を絞り、汗を流してまいります。ひとりひとりの社員が成長することにより発展する企業として、お得意先様のご期待に常に応え得る企業となるよう努力してまいります。

 どうか、皆様の一層のご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


代表取締役社長 飯田 豊彦



      

企業理念

三方よしの経営

当グループの企業理念「三方よし」は近江商人の経営理念に由来します。
その理念とは『商売を行うに際しては、常に「売手よし、買手よし、世間よし」の状況を目指さねばならぬ』。売り手も買い手も満足し、しかもそれを取巻く世間も満足する、そういった商いでないと永続はできないという考え方です。

ひとりひとりの成長を喜び発展する企業

私たちの「三方よし」は、徹底的に工夫し、機能を向上させることにより、お客様の満足を実現させることを目指すという宣言です。それ故、私どもは、「ひとりひとりの成長を喜びそれにより発展する企業」をもうひとつの企業理念とさだめています。

 

ページのトップへ戻る