醸造用精米機メーカー

品質への取り組み

2008年にISO9001「品質マネジメントシステム」の認証を取得。
ISO9001の活動により継続的な改善活動による品質向上を目指しています。
新中野工業では、これらを「お客様の満足度の向上」につなげて行きたいと考えています。

品質方針

私たちは顧客の繁栄と社会規範を遵守する企業活動を行い、
継続性のある品質改善活動と三方よしの精神の実践を通じて
自社の繁栄と社員ひとりひとりの成長を目指します。

目的

   

1.業務の標準化

  ①『文書管理台帳』の整備
  ②『業務手順』・『製品規格』の明確化

2.トレーサビリティの徹底

  ①『品質記録』の明確化と整備
  ②記録作成の徹底と保管
  

3.継続的改善

  ①「お客様の声」、「工程異常」の周知
    『お客様の声報告書』、『工程異常報告書』を作成して、メールにて全社員へ周知

   ⇒全社員が問題点を共有
 ②是正処置の取組み

  ③社員からの改善提案

  ④その他の改善の機会
  「マネジメントレビュー」、「目標管理制度」、「内部監査」、 「外部機関による監査」、

  「不適合報告」、「データ分析」

4.社員の育成

 ①職務に必要な力量の明確化
 ②メンバーの力量の把握
 ③教育・訓練の為の計画作成と実施
 ④教育・訓練の有効性の確認⇒次の教育
 ⑤資格の取得

お客様の要望

 ①お客様へのアンケートの実施
  ・委託精米アンケート
  ・精米機ご使用アンケート

製品品質の向上

(一例)
  ①委託精米
 「データ分析」から工場内室温を下げる事による精白米品質の向上
  ②精米機
 「精米機ご使用アンケート」から精米中の異常発生原因の把握とメンテナンス方法の見直し
  ③発芽玄米
 「不適合品報告書」結果からモミ米や着色米混入の低減

お客様の要望

 ・「お客様の声報告書」件数の推移

・『委託精米アンケート結果(一部)』


今後に向けて

「三方よし」の経営理念のもと、常にお客様の満足度の向上を目指し
製品・サービスの改善を行います。

お問い合わせ窓口

086-944-7100

0863-32-3366

お問い合わせフォーム

メニュー

ページの上部へ